一人プレイ仕様の低ハウスエッジゲーム

オンラインカジノのビデオポーカー

ビデオポーカーはトランプを使ったゲームとなっています。
カジノではもちろん楽しめるのですが、それ以外でもゲームセンターなどでもお馴染みとなっていて、古い喫茶店にゲーム機が置かれていることもあります。

トランプを使ってできるので、オンラインカジノ以外の通常のゲームシステムでも遊べることが多く、海外だけではなく日本人にも馴染みのあるゲームとなっています。
しかし、オンラインカジノであればビデオポーカーで実際にリアルマネーを賭けて楽しめるのがメリットです。
ベーシックストラテジーを使って手堅く勝つことも出来、ハウスエッジも低めという魅力的なゲームです。

そこで、オンラインカジノのビデオポーカーの特徴についてみていきましょう。

ビデオポーカーの基本のルール

ビデオポーカーはトランプを使ったゲームです。
オンラインカジノで、ビデオポーカーのゲームを始めると、最初にそれぞれ5枚のカードが配られます。
この中で、残したいカードに「ホールド」といって残すカードの指定します。

もしも配られたカードがすべて気に入らない場合には、すべてチェンジといってカードを変更することも出来ます。
最終的に手札となったカードの組み合わせでさまざまな役を作ります。
ビデオポーカーには「ロイヤルフラッシュ」「フルハウス」などいろいろな役があります。
難しい役になるほど揃えるのが難しいので、それだけ配当が大きくなります。

その他にも、ビデオポーカーには、マルチハンド機能と言って何回もチャンスを与えてもらうことが出来る仕組みだったり、ダブルアップといって倍に賭けることも出来ます。
ビデオポーカーにはさまざまな種類がありますが、基本的なルールは同じとなります。

ビデオポーカーのメリットについて

オンラインカジノのビデオポーカーのメリットですが、まずはオンラインカジノ中でも屈指のペイアウト率の高さであり、ハウスエッジが低いことです。
ブラック・ジャックもハウスエッジが低いことで知られていますが、同様にビデオポーカーも「勝ちやすい」と考えられています。

また、ハウスエッジが低いのはもちろんですが、マルチハンドゲームなどもあり、何度もチャンスを貰えるシステムがありますので、波の荒さを抑えることが出来たり、またベーシックストラテジーによって勝ちやすくすることも出来ます。
ゲーム別の特性を見極めることによって、ゲームを有利に進めることが出来るのです。

その他にも、ロイヤルストレートフラッシュはもちろんですが、ジャックポットは凄まじい爆発力を備えているので、一攫千金狙いの方も満足できるゲームになっています。

ビデオポーカーの役について

オンラインカジノのビデオポーカーの役について、一番簡単な役としてワンペアがあります。
これはペアが1つ揃った状態です。
同様にペアが2つ揃った状態のツーペアもあります。

スリーカードとフォーカードはそれぞれ同じ数字のカードが3枚もしくは4枚揃ったものになります。
フルハウスは、これらの応用でペアとスリーカード合わさった5枚の組み合わせになります。

フラッシュは同じマークが揃ったもの、ストレートは同じ数字が連続して揃った5枚の組み合わせになります。
ストレートの場合は、Aを超えて2までの連続の数字は認められません。
そして、ストレートフラッシュは、同じマークかつ連続して揃った5枚のカードの組み合わせになります。
最後にロイヤルストレートフラッシュは、同じマークで、なおかつ連続して10~Aまでの連続した組み合わせの5枚のカードになります。

このように役がそれぞれ決められていますが、ジャックスオアベターなどのゲームの場合では、「j」以上、「10」以上でしか認められないことがほとんど、ワンペアでも認められないことがありますので、注意をしましょう。

ゲーム別の特性について

オンラインカジノのビデオポーカーはゲームにも種類がたくさんありますし、特性が異なっています。
ジャックスオアベターはもちろんですが、その他にも、ジョーカーを万能札として使えるようなジョーカーポーカーだったり、マルチハンドゲームといって、夢のように10回以上チャンスが貰えるというゲームもあります。
10倍チップが必要になりますが、最初にもらったカードが良ければ、それと同じ組み合わせが10回分貰えることになりますので、チャンスが広がることになります。

また、プログレッシブジャックポットゲームでは、世界中のプレイヤーの賭け金が積み立てられていきますので、一度に高額の賞金を受け取ることが出来ます。
たくさん種類がありますが、基本的にははじめての方でも楽しく遊べるようなものばかりですので、攻略法を使ったり基本を押さえておくことで、戦略的に勝つことも出来ます。

コメントする

あなたのメールは <em>絶対に</em> 公開されたり共有されたりしません。 * が付いている欄は必須項目です

HTML タグと属性を使うことができます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

*
*